ばば鍼灸院は9割以上が兵庫の女性患者様なので女性の方も安心してご来院頂けます。

お問い合わせやご予約はお気軽に!TEL:0120-05-7636
お問い合わせ
兵庫県高砂市阿弥陀町南池341-11

枕は大事。

トップ > 新着情報 > 枕は大事。

新着情報

枕は大事。

2018.06.22

こんにちは。

高砂市 ばば鍼灸院 院長の馬場健吾です。

 

 

先日、事故後の後遺症で

数カ月間、首が痛いという方が来られました。

 

病院でのリハビリとカイロプラクティックにも

通われたそうですが、良くならないままで悩まれていたそうです。

 

はり治療は初めてで、緊張されていましたが

治療後は、久しぶりに首がスッキリしたと喜ばれていました。

 

 

この方から治療中に枕についての質問をいただきました。

 

 

枕についての質問は、

多くの方から聞かれる質問です。

 

 

なぜ枕の質問をされたのか?

 

 

それは、

 

治療の際に使っていた当院の枕が

柔らかくてすごく気持ちよかったからです。

 

これは、この方の感想です。

 

なぜかというと、

 

当院の枕は特別なものではなく

通常の治療に使う枕で、

特に硬くも柔らかくもないものです。

 

 

でも、

 

この方にとっては、ものすごく柔らかく感じたそうです。

 

 

この方が普段使っている枕は、

硬くて高さがあるものでした。

 

 

硬くて高さのある枕は、首の筋肉を緊張させます。

 

 

仰向けの姿勢で、硬くて高さのある枕を使うと

ストレートネックを引き起こします。

 

 

 

首の骨は、本来は前に向かってカーブしています。

 

 

ストレートネックは、

首の骨のカーブがなくなり真っすぐになってしまいます。

 

 

そうなると、

 

首に負担がかかり、

首や肩の筋肉が常に緊張して眠るのもつらくなります。

 

 

硬くて高さのある枕に慣れてしまっている方は、

首や肩のこりが強くなります。

 

 

この方も事故後も硬くて高い枕を使い続けていたそうで、

とにかく寝る時がつらかったそうです。

 

 

首のコリなどが強い方は、

 

使っている枕が原因かもしれません。

 

 

気になる方は、一度枕を変えてみてください。

 

 

どんな枕を使えばいいかわからない方は、

バスタオルをたたんで、高さなどを調節してみてください。

 

 

少し低めを意識して、

首の負担がかからないように

調節できるとそれだけで、睡眠もしやすくなります。

 

 

でも、これでも改善できない場合は、

 

ストレートネックになってしまっている可能性が高いです。

 

 

その場合は、バスタオルを少し高めにした状態から

 

何日かかけて少しずつ低くしていくようにしてください。

 

 

 

それでもダメな場合は、当院へお越しいただくことをおすすめします。