ばば鍼灸院は9割以上が兵庫の女性患者様なので女性の方も安心してご来院頂けます。

お問い合わせやご予約はお気軽に!TEL:0120-05-7636
お問い合わせ
兵庫県高砂市阿弥陀町南池341-11

治療内容(健康)

トップ > 治療内容(健康)

健康のコンセプト

健康のメニュー

  • 鍼灸治療
  • 頭痛
  • 不妊
  • 生理痛

鍼灸治療について

鍼灸治療とは?

※実際に使用している鍼と裁縫用の糸との、太さの比較です。

鍼灸治療とは、東洋医学の治療法の1つです。
鍼でツボに刺激を与える「鍼治療」と、お灸でツボに温熱刺激を与える「灸治療」を合わせたものを鍼灸治療と言います。
当院で使用している鍼のサイズは、0.18×39mmです。

鍼灸治療で使用する「はり」は注射針よりも細く、髪の毛1本分くらいの細さです。
長さはありますが、根元まで体内に入れてしまうことはありません。

当院の鍼灸治療

※それぞれの手技で鍼を使い分けています

当院での治療は痛くない優しい鍼灸治療です。

すぐに直接鍼をさすのではなく、しっかりと身体が治療を受けるための準備をすることで、鍼を深くさす必要もなく、細い鍼で十二分に高い治療効果を得られます。

そんな、当院の痛くない優しい鍼灸治療「3つの手技」をご紹介します。

高い治療効果が得られる3つの手技

STEP1
直接鍼をささずに、まず、身体が治療を受け入れやすくするための準備をします。
皮膚の緊張がほぐれやすい状態を作り、この後の治療効果が上がるようにしていきます。
※この時、鍼はさしません。
STEP2
皮膚に直接鍼をあて、皮膚の緊張をほぐします。
左手で硬くなったり、へこんだりしているところを探りながら、同時に鍼をあてて皮膚の状態を均一に整えていきます。
※この時、鍼はさしません。
STEP3
最後に、筋肉のこりに対して鍼をさしていきます。
この段階までに皮膚の緊張がほぐれているので、筋肉のこりへ深く鍼をさしたり、太い鍼を使う必要はありません。

3つの手技だけじゃない!治療効果が高い理由

東洋医学での病気の原因の1つである外因を、まず受け止めるのは皮膚です。
皮膚で守りきれない場合、筋肉まで影響します。

皮膚の緊張を先に緩めることで、身体の中まで伝わる原因を改善することができます。
その後に必要に応じて弱っている部分を整えてあげることで、外側と内側の両方から身体を整えることができるのです。

また、人間の身体を支え、軸になるのは背骨です。
首から腰にかけての背骨の、骨の間からは手足に向かって神経が出ています。
そして、背骨の両側には、臓腑の名前を冠したツボが多数存在しています。

背中の筋肉の緊張や、盛り上がったりへこんだりしている部分を整えることで、中心部から末端へ経絡と神経の調節ができます。
また、背中に現れる内臓反射を整えることができるので、内臓自体の働きをより助けることが可能になります。

手技を使い分け、身体の外側から内側へ、内側から外側へと全体的に整えていくことが、治療効果を高
める理由なのです。

頭痛

頭痛
通常の鍼灸治療に、頭痛に効果的なささないはりで行う「頭のはり」をプラス。
両方合わせて施術することで、1回の施術効果がぐっと高まります。
身体だけでなく、頭皮のコリもしっかりほぐすことで早く痛みが治まります。

片頭痛

片頭痛は女性に圧倒的に多くみられる症状です。(片頭痛の比率 女性:男性=4:1)

■このような症状でお困りではないですか?

ズキンズキンと脈打つような痛みが続く

月に1~2回から多い時は週に1~2回続く時がある

吐き気や嘔吐を伴う時がある

頭痛がひどくなると、動けなくなることがある

痛くて頭痛薬を手放せない

原因
女性の方が多い理由としては、女性ホルモンが関与していると考えられます。
女性の場合は、生理前や生理中に片頭痛が起きやすくなります。
その他の原因として、三叉神経が刺激され血管が拡張されて起こると言われています。

緊張性頭痛

後頭部から首にかけて痛むもので、頭痛に悩まされている方の7~8割の人が発症していると言われています。
片頭痛のようなするどい痛みや吐き気などはありませんが、頭を締め付けられるような痛みが出ることもあります。

原因
身体的ストレスや精神的ストレスによって発症します。
デスクワークなど長い時間、同じ姿勢を続けることで、首・肩・背中の筋肉が疲労を起こして発症したり、精神的ストレスによって、神経や筋肉が緊張して発症します。

群発性頭痛

片側の目の奥が強烈に痛み、同時に目が充血したり、涙が出るなどを伴うこともあります。
群発期と言われるある決まった周期ごとに頭痛が現れるのが特徴です。

原因
群発期にアルコールを摂取すると必ずと言っていいくらい頭痛が起こります。
一定の決まった時間に頭痛が起こるので、体内時計の関係や睡眠不足があげられます。

当院の頭痛治療

当院の頭痛治療

当院では、通常の鍼灸治療と合わせて頭痛に効果的な「頭のはり」を同時に行います。
「頭のはり」は、頭皮をつまみながら頭部全体をはりで刺激していくものです。

※「頭のはり」は、はりを刺さずに頭皮にあてるだけのはり治療です。

頭皮をつまむことでコリのある部分を浮かせ、そこにはりを当てていくことで根深いコリをしっかりとほぐします。
同時に頭部全体のツボをまんべんなく刺激することで、心身のリラックス効果を高めていきます。
これは、頭部には精神を安定させるツボが多数存在するからこそ、得られる効果です。

頭皮のコリそのものをほぐすこととツボ刺激で、リラックス効果を促すことを同時に行い、身体の外側と内側からケアしていきます。
また、通常の鍼灸治療の仕上げとして「頭のはり」を行うことで、鍼灸治療だけを受けるより全身の気血のめぐりがさらに整い、一回の治療効果がぐっと高まります。

不妊

赤ちゃんを抱く喜びをあなたに感じて欲しい。

赤ちゃんを抱く喜びを
あなたに感じて欲しい。

その思いで不妊治療を行っています。

■このような症状でお困りではないですか?
自然妊娠を望んでいるけど、妊娠しない。
現在、他の不妊治療を受けているがなかなか結果が出ない。
妊娠はするけど、流産してしまう。
病院で検査をしても何の異常もないのに妊娠しない。
何年も生理不順が続いている。
2人目がなかなかできない。
高齢になるので、妊娠を諦めている。
ホルモン剤が身体にあわなくて病院での治療ができない。

不妊のタイプ

器質性不妊 基本的な検査で原因が明らかなもの 薬物治療や外科的治
療が確立されています
機能性不妊 基本的な検査ではっきりした原因が
認められないもの
特定の治療法が確率さ
れていない

不妊でお悩みの方の中には、検査では原因がはっきりしない「機能性不妊」の方も多くおられます。
そのため、どうしていいのかわからずにお困りの方もおられるのではないでしょうか。

当院は、そのような原因のはっきりしない「機能性不妊」の方に対して、効果が期待できる鍼灸治療を行っています。

「機能性不妊」に鍼灸治療が効果的な理由とは

女性に多い症状の一つに「冷え性」がありますが、この「冷え」が不妊の原因になることがあります。
血行が悪くなることで、内臓の働きやホルモンバランスが崩れてしまうからです。

脳の視床下部から下垂体へ、黄体ホルモンの分泌を促すホルモンがでます。
黄体ホルモンは卵巣に働きかけるホルモンです。

ホルモンは体内で合成され、血液によって運ばれます。
ホルモンが正しく作られていても、血流が悪ければ必要な場所へ運ぶことができず、しっかりと卵巣に働きかけることができません。

鍼灸は、血流を良くし、冷えによる内臓の働きやホルモンバランスの乱れを改善することができます。
はり治療で筋肉の緊張を緩めて、全身の血液循環を良くしていきます。
冷えを改善することができ、内臓の働きも整います。

さらに、はり治療で自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを調節し、働きを整えていきます。
ホルモンは自律神経の働きにより分泌されるため、交感神経・副交感神経のバランスが崩れると、ホルモンの分泌量も少なくなってしまいます。
しっかり整えて充分にホルモンが分泌されるようにします。

※鍼灸治療は副作用の心配がないので、病院での治療と同時に行うことができます。

ばば鍼灸院の不妊治療の特徴

当院では、鍼灸治療と骨盤矯正を合わせたコンビネーション療法を行います。

はり治療だけでも血行不良の改善や自律神経の乱れを整え、ホルモン調節の効果が得られますが、さらに「不妊のお灸」を行うことにより、子宮や卵巣の働きを良くしていきます。

そして、骨盤矯正で骨盤の歪みを整え、子宮・卵巣などの圧迫を改善し、骨盤内臓器の働きを助けることで骨盤内の神経の働きを良くし、ホルモンバランスを整えます。

これらの施術を組み合わせることにより、より妊娠の確率を高めています。

はり治療

東洋医学では、不妊には肝の経絡が大きく関っています。
肝の経絡は、足の親指から始まり足の内側を通って肝に至り、横隔膜、のどを通って頭部に至ります。
肝の経絡の最終地点は頭の中を通って頭頂部へ達します。

肝の経絡の働きが悪くなると、経絡の通り道にある様々な器官に影響を及ぼします。
ホルモンの分泌は脳からの指令を受けるため、肝の経絡に異常を起こすとホルモンの分泌に影響が出ます。

また、肝には蔵血作用があります。
蔵血作用とは、血液貯蔵や血流量の調節のことをいいます。
ホルモンは血液によって運ばれているので、肝の働きが悪くなることでホルモンの分泌そのものと、分泌されたホルモンが正しく他の器官に運ばれなくなり不妊へとつながります。

はり治療では、この肝の経絡の働きを整えるようにしていきます。

不妊のお灸

不妊のお灸

下腹部にある、「子戸」「胞門」というツボに特別なお灸をすることで、子宮・卵巣の働きを良くすることができます。

ツボの位置が下腹部にあるので、お灸は女性鍼灸師が担当します。

お灸の大きさは米粒大で、完全に燃やしきらず、8~9分程度燃やしたところで消火または取り除きます。
これを何度か繰り返し、ツボに温熱刺激を加えていきます。
時々、チクッとした熱さを感じることもありますが、
やけどには絶対になりませんのでご安心下さい。

お灸はご自身で自宅でも出来るように、指導も行います。
自宅ケアで使用するのは、温筒灸という種類のお灸です。
「せんねん灸」「カマヤミニ」「つぼ灸」などの商品名でドラッグストアなどで販売されています。

骨盤矯正

骨盤矯正

骨盤は、女性が赤ちゃんを授かるための子宮や卵巣を守っている、神経や血管が集まった場所でもあります。

骨盤が歪んでしまうと、骨盤の中に収まっている臓器が圧迫されたり、位置がずれてしまいます。
それにより、卵管の動き(蠕動運動)が悪くなってしまい卵子をうまくつかまえることができなくなります。

また、子宮や卵巣が正常な位置で働けなくなるため、機能自体が低下します。

骨盤を矯正することで、骨盤内臓器を正しい位置に戻し、正常な働きを取り戻すことで、骨盤内での神経の働きやホルモンバランスを整えていきます。

当院にお越しいただく前に、お願いがあります。鍼灸治療を受けられる前に、必ず産婦人科を受診して下さい。

お医者様に「鍼灸の不妊治療を受けてみたいのですが」という旨をご相談の上、当院にお越しいただきますようにお願い致します。

また、当院では実際治療を受けていただく前に、無料で不妊に関するご相談も受け付けています。
お時間をいただいて、ゆっくりお話ができたらと思っております。
無料のご相談はお話だけになっても構いませんので、お気軽にお電話下さい。

生理痛

生理痛

誰かに相談しづらい生理の悩み、毎月ひっそり我慢していませんか?
勉強、仕事、家事、育児…
つらくても、しなきゃいけないことは待ってくれない

「施術を受けたあと、次の生理はとってもラクでビックリ!」
「生理中に施術を受けると、痛みが和らぐのが分かる」
「毎月憂うつだったけど、もう大丈夫!
もっと早く受けたら良かった」

など、実際施術を受けられた方から喜びの声をいただいております♪
あなたのお悩み、高砂市で当院だけの「痛くない、やさしい鍼灸治療」にお任せ下さい!

■このような症状でお困りではないですか?
生理時の痛みで鎮痛剤が手放せない
痛みがひどくなると、家事や仕事など普段の生活ができなくなる
市販の鎮痛剤では効かない
頭痛・吐き気・めまいで寝込んでしまう
薬は飲みたくないけど、飲まないと動けないので渋々飲んでいる
病院に行くべきなんだろうけど、どうも婦人科は行きづらくて結局我慢している

生理痛が酷い場合は月経困難症

月経時、下腹部痛や腰痛、倦怠感などの症状を伴うことがありますが、これらはいずれも軽度であるのが普通です。

痛みが強く薬が必要だったり、寝込んでしまうなど、日常生活に支障をきたす場合を月経困難症といいます。

月経困難症のタイプ

機能性月経困難症 原因がはっきりしないもの
器質性月経困難症 子宮筋腫・子宮内膜症などの病気があるもの

機能性月経困難症の原因

初経(初潮)数年後から始まり、若年層に見られます。
症状として、下腹部痛や腰痛、吐き気、下痢などがあり、通常1~3日続きます。

機能性の場合、プロスタグランジンというホルモンの過剰分泌によって起こります。
月経時、脱落した子宮内膜から遊離されるプロスタグランジンは、子宮を収縮させ、月経血の排出を促します。
このホルモンの分泌量が多くなると、子宮の収縮が強くなるので痛みも強くなるのです。

その他の原因として、

①ホルモン分泌の急激な増減により、自律神経がバランスを崩して引き起こされる。
②身体が冷えることで骨盤内の血液の流れが悪くなり引き起こされる。
③骨盤内臓器が正しく働かなくなることで引き起こされる。
④仕事や日常生活の中で受ける、過剰なストレス。

なども挙げられます。
若年層の多くは子宮頚管が未熟なことで月経痛が酷くなると考えられていますので、出産後は軽快したり、治癒することもあります。

器質性月経困難症の原因

発症年齢は20歳以上が多く、症状が始まる時期や持続期間が変化したり、徐々に酷くなることもあったり、また、月経中にだけ症状があるとは限りません。
器質性月経困難症の原因は様々に考えられます。

■器質性月経困難症の原因の例

子宮内膜症 子宮内膜が子宮体部の内側以外のところに存在し、月経周期とともに増殖、出血を繰り返すもののこと。
20歳前後から見られ、30~40歳代に最も多い。
子宮内膜症の最大の症状は月経痛で、月経時以外の下腹部痛が多く、1ヶ月に1週間以上腹痛があれば子宮内膜症である可能性が考えられます。
病巣からもプロスタグランジンを分泌するため、月経痛が激しいのが特徴です。
子宮腺筋症 子宮内膜症が子宮筋層内に起こるもののこと。
子宮筋腫 子宮に発生する良性の腫瘍。
40歳代に最も多い。

その他、骨盤内うっ血症候群や子宮の発育不全、性感染症なども挙げられます。
疾患が原因であるため、病院での治療が優先となります。

当院の生理痛の治療

当院では、生理痛の治療として、鍼灸治療と骨盤矯正の2種類があります。

生理痛の治療は、鍼灸治療・骨盤矯正のどちらかを行うか、あるいは両方の施術を同時に行うかになります。

問診時にお悩みをしっかりとお伺いし、考えられるすべての原因を取り除くことで、あなたのつらい症状を少しでも早く解決していきます。

鍼灸治療

東洋医学では、人の生命活動を支える、気・血・津液のバランスが乱れることで病気になると考えられています。
気血のめぐりをしっかり整え、内臓の働きや経絡の流れなど、体内のバランスを調整することが鍼灸治療の効果の1つです。

また、生理痛の原因に「冷え」が関係しますが、この「冷え」も気血のめぐりを整えることで改善できます。

骨盤矯正

骨盤矯正の場合は、まず、子宮や卵巣は骨盤内臓器であるということが関係します。
(骨盤内臓器・・・膀胱、子宮、卵巣、直腸など)
骨盤が歪むことで子宮や卵巣の位置が変わり、その状態で他の臓器に圧迫され続けると正常に働くことができず、女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。
それが、生理痛や生理不順などの原因につながるのです。

骨盤の歪みを改善し、骨盤内臓器を正しい位置に戻すことで、子宮や卵巣が正常に働くことができるようになります。
ホルモンバランスも整い、生理痛も改善できます。